top of page

毎週の変化、育つ喜び

2年前に初めて来た時は、フィールドの隅に座りお話しせずに一日すごしていたHちゃん。


厳しめの幼稚園で、物事がうまくできなかったり、質問に正確に答えれなかったりするのがどうやら怖いらしく、AKGでも新しいアクティビティを見たり、英語スタッフが話しかけたりするとママの後ろに隠れてしまう…


でも、AKGでは、年長のいろんなことが出来る子も、小さくてフィールドを歩くのが精一杯の子も、みんな一緒!英語だって、遊ぶため、一緒に楽しむためにあるだけで、教えたり学んだりは意識しません。


そんな雰囲気の中、毎月少しずつ心を開いて行ったHちゃんは、いつしか遠方から毎週通うように。自分から「やってみたい」と行動したり、自分の気持ちを言葉で表したりできるように。


2年経った今では、新しい参加者たちに率先して「こうしたらこの木は登りやすいよ」と教えてあげたり、嫌なことは「私はマッシュルーム好きじゃないから、コンポストに入れたい」と言えるようになったり。


ランチの時の “No mushroom” に続き、 先週は、お店屋さんごっこで、待っててねと言いたくて “It’s wait.” 正確には “Please wait” ですが、英語の正誤を怖がらずに楽しくアウトプットして、ちゃんと相手にわかってもらえてる♡


クラフトタイムで “One more time.” 木登りして、遠くにいるスタッフに大声で “HELLO!!! Look!!!”


平日はやっぱり少し落ち込むこともあるみたいですが、毎週森の中で言いたいことを恐れずに表現して、たくさん英語も試して、チャレンジ旺盛になったHちゃん。「毎週ここで自分もリセットするんです」と話していたお母さん。



「最近は予約がとりにくい」 「もっとゆっくり自分の子どもについてスタッフと話したい」 「AKGでスタッフがしている接し方を、家でも実践したい」 そんなお声にお応えできるよう、


☆2023年4月から新しい制度になります☆ AKGが自分も他者も心豊かにできる子どもと大人の育みの場であり続けられるよう、努めて行きます。





= = = AKGと繋がろう! = = =








Comentarios


bottom of page