top of page

子どもの自尊心を育てる声掛けとは?

更新日:2023年12月21日

子どもの自尊心を育てる声掛け! “Iメッセージ🗣️”



皆さんは、もし子どもがヒヤリとする行動をしていたら、

どのような声掛けをしますでしょうか?


例えば...

高い木にどんどん登っていく子どもの姿を見たらどうでしょうか?


思わず「危ないから木から降りて!」と声をかけてしまいそうになります。


そんな時、AKGでは Iメッセージ を使って声かけをします。


「枝の先に行くにつれて、木が細くなってるから、●ちゃんが木から落ちたら心配だな。」

こんな風に自分の思いを伝えるように意識をしています。


なぜこの時一方的にやめて!と伝えることをしないのでしょうか?


それは「その子は危険だと思っていないかもしれない」からです。

理由を理解しないままに止められても、その子はきっと納得できません。


「こういう常識だから」「こういう決まりだから」と決めつけるのではなく、

相手の気持ちを尊重するために、Iメッセージを使います♪


子どもは何が危ないか/危なくないかの区別を学んでいる最中!


「あぶない!やめて!」と一方的にしてほしくないことを伝えるのではなく、

自分が●ちゃんの行動に対してどう思っているか、なぜなのかを伝えることで、

子どもは自分の考えが尊重されていると感じることができます。


お子さまにとっても、「自分で考えて、やめるか続けるか自分で決める」方が、

ずっと納得してもらえそうですよね♪


今日は、AKGスタッフが日頃から意識している声かけの一つをご紹介しました!


もしよろしければ、是非一度お試しください!🌱



= = = AKGと繋がろう! = = =

コメント


bottom of page